HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトカンヌ2009  »  マップ・オブ・ザ・サウンド・オブ・トウキョウ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.festival-cannes.fr/en/archives/ficheFilm/id/10904913/year/2009.html 
公開未定

まつかわゆま(シネマアナリスト)
イサベル・コイシェ監督。菊池凜子が築地市場で働きながら殺しを請け負う女を演じる。スペイン人女性監督の見た東京がつづられていく。音響監督が芸術貢献賞を授与された。
ガイジンのイメージするトウキョウの域を超えられたかというと疑問だが、努力はしている。「日本文化や日本人に対する認識と表現が間違っているというなら、日本を描くのは日本人にしかできないということになってしまわないか。それはおかしいと思う」という菊池凜子の意見に私も同意する。今回は努力してるよ、うん。ただし、コイシェ監督の作品としては物足りないんだけどね。
スポンサーサイト
NEXT Entry
アンチキリスト
NEW Topics
電子書籍「月刊シネマグランプリ」発刊
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れがあるF

Author:れがあるF
 新作映画の公開に先立ち、映画会社は宣伝のため、「試写室」と呼ばれる映写施設で上映会を行なう。
 これは「試写室」に出入りすることを許された、映画を見るプロたちが推薦する最新作をランキング形式で発表する企画。 すなわち、真の必見作がここにある!

★参加メンバー:プロフィール

★管理人:れがある

★更新情報:
cafe シネマグランプリ
(旧)シネマグランプリ雑記帖

★ランキング表一覧:
シネマグランプリ INDEX


★コンタクト:下記メールフォームをご利用ください

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。