HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトカンヌ2009  »  アゴラ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.festival-cannes.fr/en/archives/ficheFilm/id/10904243/year/2009.html
公開未定

まつかわゆま(シネマアナリスト)
アメナーバル監督のエピック・ドラマ。4世紀のエジプト・アレクサンドリア。なんでアメナーバルが?! という疑問はさておき、かなりの大作である。
実在した女性科学者の物語で、監督いわく原理主義を描いた作品なのだとか。ふむ。ちょっと盛り込み過ぎかと思ったが、実在の人物なら仕方ない。ただし、演出はたっぷり加えている。想像を加えて現代社会を反映させるという方法は好きだ。
クリスチャンとローマ神話とエジプト神話とユダヤ教が混在する街が、まるで今のカンダハルかバクダットのように描かれる。クリスチャンはタリバンのような恰好でローマ系エジプト人を制覇していくし、主人公は女性だということで孤立させられていく。彼女を慕うローマ系の青年と元奴隷のクリスチャンとの三角関係も入り、華麗なるエピックロマンという感じに出来上がっている。
が、この女性の選択は日本では理解されないだろうなぁ。
スポンサーサイト
NEXT Entry
ハゲタカ
NEW Topics
電子書籍「月刊シネマグランプリ」発刊
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れがあるF

Author:れがあるF
 新作映画の公開に先立ち、映画会社は宣伝のため、「試写室」と呼ばれる映写施設で上映会を行なう。
 これは「試写室」に出入りすることを許された、映画を見るプロたちが推薦する最新作をランキング形式で発表する企画。 すなわち、真の必見作がここにある!

★参加メンバー:プロフィール

★管理人:れがある

★更新情報:
cafe シネマグランプリ
(旧)シネマグランプリ雑記帖

★ランキング表一覧:
シネマグランプリ INDEX


★コンタクト:下記メールフォームをご利用ください

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。