HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトイーストウッド2009  »  『夕陽のガンマン』 『続・夕陽のガンマン 地獄の決斗』
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://pff.jp/31st/lineup_invitedworks_tokyo.html
第31回ぴあフィルムフェスティバル 映画監督クリント・イーストウッド誕生 2009/7/21~8/5

加藤久徳(映画ライター)
『夕陽のガンマン』(65/セルジオ・レオーネ)は名画座以来、30数年ぶりの対面だが、『続・夕陽のガンマン』(66/セルジオ・レオーネ)はフィルムセンターでのイタリア特集以来だから今世紀2度目であり、実際はそのとき2度観ているから、今世紀3度目の対面ということになる。まさか10年もしない内に同じフィルムセンターで再見することになるとは思わなかった。3時間もある『続・夕陽のガンマン』は前回観た友人たちは長いので誰も観に行かなかったが、僕はまた観た。イタリア特集のときはイタリア語版であり、今回はオリジナル英語版。それで観たかった。日本初公開も英語版のはずだから、初めて観るわけでもないのに、この映画にはこだわりがある。イーストウッドではない。テュコ(今回の訳ではトゥッコ)を演じるイーライ・ウォラック(今も現役で、『ミスティック・リバー』にノン・クレジットで出演している)という役者がお気に入りだからだ。両作に出演しているリー・ヴァン・クリーフもまた同じ。僕は役者狂いだ。ラストでテュコがジョー(イーストウッド)に向って「ブロンディ~!」と英語で叫ぶ姿を銀幕で観たかった。このシーンを観るためには3時間もかかるではないか。それに被さるモリコーネ節を銀幕で聞きたいというこだわりも大きい。サウンドトラック盤は現在に至るまで、何百回も聞いているくらいだ。女性コーラスをバックに墓場を徘徊するウォラックの姿は、僕にとっては映画史に残る名演であり、名場面である。
『夕陽のガンマン』の方はあまり面白かった記憶はないが、モリコーネ節の良さに変わりはない。とにかく、この映画は役者を見るのが楽しい。この後、イーストウッド同様に大物俳優となるジャン・マリア・ヴォロンテや怪優クラウス・キンスキー、ローズマリー・デクスター、フェルナンド・サンチョ、アルド・サンプレル、ルイジ・ピスティリといった有名無名な個性派俳優たちがドッと出ているので確認の意味がある。
この中で銀幕で初見のとき、ヴォロンテとサンチョの2人だけはすでに知っていた。故淀川さんの日曜洋画劇場を見ていたとき、ひんぱんにマカロニ西部劇を(未公開を含め)放映していたためで、淀川さんは特にサンチョがお気に入りだったから、僕もこのサンチョを覚えた。ジョン・ウェインとやらを知ったのは、映画狂になって劇場に出かけるようになってから。西部劇の原体験はTV放映のマカロニ西部劇と、チャック・コナーズやロバート・フラーが出ていたTV西部劇だった。ジョン・フォードやアンソニー・マンの西部劇ではなかった。この体験が幸か不幸かは話をする相手によって変化するので何とも言えない。ところで、イーストウッドが出ていた『ローハイド』は僕の意識の中にはない。16ミリフィルムを使った映画上映会が盛んだった70年代半ば、テレビシリーズの1挿話を銀幕で初めて見せられたとき、ディミトリー・ティオムキン作曲の勇壮なテーマが流れるオープニング・タイトルに“感動した”のが案外最初かも。その挿話でのイーストウッドはチョイ役で、その点はガッカリした。意外なほど大した役者に見えなかったからだ。
今回のプログラムにはイーストウッドの出世作『荒野の用心棒』(64/セルジオ・レオーネ)がなかった。PFFのAプロデューサーが言うアジア圏貸し出し禁止の映画って、もしやこの映画のことか? この『荒野の用心棒』の体験はTV放映が2度、スタンダードサイズにトリミングされた16ミリフィルムの上映を1度体験。未だ35ミリ・テクニカラー・スコープサイズの体験がない。今回の有り難い特集のおかげで、今後観るチャンスが遠のいたのも事実だ。
最後に、親友の映画唯物論者・三隅繁によるこの特集の総括だが、色彩面ではダメ出しだった。今回僕が観に行った6作品の長編は全てオリジナルがテクニカラー・プリントなのだが、その色柄は全てイーストマン・カラーであったと指摘する。いくらブラックスタイルのAプロデューサーが「現段階でいちばん良いプリントです」とステージ上で胸を張っても、無意味と断言した。イーストマンだと肌色の発色がとても奇麗に映ることは確かだが、それでもオリジナルの色ではない。「初公開当時より今回の方が奇麗だと思います」というAプロデューサーのコメントも納得はいくが、僕も見ている公開当時の色彩が、今回の復元では全く違うと直言されると、引き摺られてしまう。『続・夕陽のガンマン』のエンドクレジットの最後で、復元に関わるスタッフ、会社名の表記があった。その中にはローマ・テクニカラーの名があったが、さて、どのような復元工程がなされたのか。三隅先生は今回、それだけは観ていない。しばらく揉めそうだ。
スポンサーサイト
NEXT Entry
グッド・バッド・ウィアード
NEW Topics
電子書籍「月刊シネマグランプリ」発刊
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れがあるF

Author:れがあるF
 新作映画の公開に先立ち、映画会社は宣伝のため、「試写室」と呼ばれる映写施設で上映会を行なう。
 これは「試写室」に出入りすることを許された、映画を見るプロたちが推薦する最新作をランキング形式で発表する企画。 すなわち、真の必見作がここにある!

★参加メンバー:プロフィール

★管理人:れがある

★更新情報:
cafe シネマグランプリ
(旧)シネマグランプリ雑記帖

★ランキング表一覧:
シネマグランプリ INDEX


★コンタクト:下記メールフォームをご利用ください

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。