HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトレズゲイ映画祭2009  »  ルー・ダイアモンド・フィリップスの『アザーズ』(ボーイズ短編集)
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://tokyo-lgff.org/2009/
第18回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭 2009/7/10~7/20

加藤久徳(映画ライター)
「The Others」
長いタイトルだが、映画祭プログラムいちばんの期待作はこれ。
エスニックな中堅俳優であるルー・ダイヤモンド・フィリップス。『ラ・バンバ』のリッチー・バレンス役で売り出し、幾つかの主演作もものにしている彼だが、最近はパッとしない。近作の『チェ 28歳の革命』(08/スティーヴン・ソダバーグ)では見違えるほど老けていた。『ラ・バンバ』で初めて彼を意識したときは、ダイヤモンドの名がけっこう似合った二枚目お兄ちゃん俳優だったのだ。
この映画は、アラム・コリアーなる人がフィリップスの過去の主演・出演作の中から、彼がもっともルックス的に美しく撮られたとおぼしきカット、ショットを選択し、編集して、フィリップスのみを中心に据えた1本の作品にしている。オープニングタイトルからして面白い。出演者のクレジットが、1枚タイトル、2枚タイトル、最後に and という従来表示の形でフィリップスの名前が8回も出て、全てがフィリップスで固められている。フィリップスとフィリップスの熱愛で終わるラストの編集は圧巻の極みで、レズビアン&ゲイ映画祭に出品される理由となっている。
ランニングタイムはたった9分。日本公開、未公開の劇場映画(TV作品もあるかは判断できず)のフィルムで構成されたこのアンソロジー集はフィリップスに対するアラム・コリアーの愛が詰まっているように思える。キーファー・サザーランドがチラリと映ると、ハサミを入れられず仕方なくキーファーを画面に残したコリアーのジェラシーがピカっと頭の片隅に浮かぶほどだ。
フィリップス自身が本作の内容を承知の上でゴーサインを出したか、あとで完成版を見て驚愕したか、面白がって二人で共作したかは映画を見ただけでは判断しづらい。ただ、見ている間は、本当はフィリップス自身が構成し、自己陶酔で作ったのではと思い込んでいた。これを書いた今では、コリアーとフィリップスがジャン・コクトーとジャン・マレーの関係ではと、やはり勝手に思い込んでいる。
スポンサーサイト
NEXT Entry
愛のそよ風
NEW Topics
電子書籍「月刊シネマグランプリ」発刊
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れがあるF

Author:れがあるF
 新作映画の公開に先立ち、映画会社は宣伝のため、「試写室」と呼ばれる映写施設で上映会を行なう。
 これは「試写室」に出入りすることを許された、映画を見るプロたちが推薦する最新作をランキング形式で発表する企画。 すなわち、真の必見作がここにある!

★参加メンバー:プロフィール

★管理人:れがある

★更新情報:
cafe シネマグランプリ
(旧)シネマグランプリ雑記帖

★ランキング表一覧:
シネマグランプリ INDEX


★コンタクト:下記メールフォームをご利用ください

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。