HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトイーストウッド2009  »  恐怖のメロディ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://pff.jp/31st/lineup_invitedworks_tokyo.html
第31回ぴあフィルムフェスティバル 映画監督クリント・イーストウッド誕生 2009/7/21~8/5

加藤久徳(映画ライター)
71/クリント・イーストウッド監督。この作品は見直す予定になかった。周囲の仲間がみな見るので、改めて見ておかないと後で困りそうなので、仕方なく観たというのが本音。かつて見た人なら、恐怖のヒロインであるジェシカ・ウォルターの天井に反り返ったあの鼻は忘れられないだろう。後年、“ストーカー”という言葉が偏執的かつ狂人的追っかけを意味するようになったとき、ストーカーという言葉が耳に入るたびに、ウォルターの顔が脳裏に浮かび、身体がブルった。それから10数年後、この映画をモデルにしたという『危険な情事』を見たときは、ウォルターの顔は思い出さなかった。グレン・クロースの格調あるアカデミー候補的演技とは次元が違うだけでなく、クロースの鼻は天井に反り返っていなかったから。ウォルターのあの顔(鼻)は、ヒッチコック監督の『サイコ』(60)のラストシーンに被さる骸骨と同じ。演技賞なんか与えたら、一生追いかけ回される。祟られる。本当にそう思わさせるほどの怖さがあったのだ(実際にはゴールデン・グローブ賞を受賞しているが)。
とにかく、この映画には理屈というものは存在しない。そのせいだろうか、複数の特定の客がよく笑うこと。後半、ウォルターが刃物を振りかざすたびに笑っていた。可笑しいから笑うのは人間の自然な反応だが、スリラーとして作られた本作が、21世紀の今、これほど笑いの対象となるのは想定外で、そら恐ろしいものを感じた。上映後、今回初めて観たという若い男性客が「笑いすぎだよ」とため息まじりに呟いていたのが気の毒だった。
何が客を笑わせたのか? ケータイもパソコンもないダイヤル電話の世界。実にゆったりした、今観るととても温暖な時代に見える。ストーカー女に魅入られた自称二枚目のDJの女難の相が馬鹿馬鹿しかったのか。人の災難を笑うのが喜劇の本分であることを考えれば、笑って当然かもね。とはいえ、人の迷惑になる笑い声はストーカーと同じだ。
スポンサーサイト
NEXT Entry
狼の死刑宣告
NEW Topics
電子書籍「月刊シネマグランプリ」発刊
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れがあるF

Author:れがあるF
 新作映画の公開に先立ち、映画会社は宣伝のため、「試写室」と呼ばれる映写施設で上映会を行なう。
 これは「試写室」に出入りすることを許された、映画を見るプロたちが推薦する最新作をランキング形式で発表する企画。 すなわち、真の必見作がここにある!

★参加メンバー:プロフィール

★管理人:れがある

★更新情報:
cafe シネマグランプリ
(旧)シネマグランプリ雑記帖

★ランキング表一覧:
シネマグランプリ INDEX


★コンタクト:下記メールフォームをご利用ください

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。