HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトイーストウッド2009  »  白い肌の異常な夜:ストーリーテラー
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://pff.jp/31st/lineup_invitedworks_tokyo.html
第31回ぴあフィルムフェスティバル 映画監督クリント・イーストウッド誕生 2009/7/21~8/5

加藤久徳(映画ライター)
72/クリント・イーストウッド監督。イーストウッド最初のメガフォン作品と知られる『白い肌の異常な夜』のメーキング作品。イーストウッドが余裕たっぷりに師匠シーゲルを絶賛している。出てはいるがシーゲル自身のコメントはなく、共演者たちのインタビューがあるわけでもない。たった12分間でも、これまで抜粋ばかりでまともに紹介されなかっただけのものがある(笑)。
はっきり言えるのは2点。35ミリフィルムで本作が製作されていることと、普通、シーゲル監督の名前はタイトル上では常にドナルド・シーゲルと表記されながら、日本の媒体表記ではなぜかドン・シーゲルと紹介されるシーゲル監督だが、この短編ではイーストウッドは、ドン・シーゲルと発音している。やっと納得した。
スポンサーサイト
NEXT Entry
アバンチュールはパリで
NEW Topics
電子書籍「月刊シネマグランプリ」発刊
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

れがあるF

Author:れがあるF
 新作映画の公開に先立ち、映画会社は宣伝のため、「試写室」と呼ばれる映写施設で上映会を行なう。
 これは「試写室」に出入りすることを許された、映画を見るプロたちが推薦する最新作をランキング形式で発表する企画。 すなわち、真の必見作がここにある!

★参加メンバー:プロフィール

★管理人:れがある

★更新情報:
cafe シネマグランプリ
(旧)シネマグランプリ雑記帖

★ランキング表一覧:
シネマグランプリ INDEX


★コンタクト:下記メールフォームをご利用ください

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。