HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2009年1月公開映画  »  007/慰めの報酬
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://www.sonypictures.jp/movies/quantumofsolace/ 2009/1/24公開

黒田邦雄(映画評論家)
暗い、暗い、暗すぎる!もう少しイキなところがなけりゃ。敵役のマチュー・アマルリックに芝居をさせないのも不満で、この程度の役ならもっとハデな俳優でいいでしょ。ボンドガールの貧弱さは目を覆うばかりだし…。と文句タラタラながら最優秀にセレクトしたのは、言わずもがなダニエル・クレイグのカッコ良さのせい。トム・フォード(この人もダニエルに負けずカッコいい)がデザインしたスーツの、何というセクシーさ!この細みのスーツを着こなせる男優は、アメリカにはまずいないでしょう。ちなみに、BDで傑作「ロシアより愛をこめて」が出ましたが、このショーン・コネリーは完璧。しかし、ダニエルのボンドでは、こんな夢物語は似合わない。

みのわあつお(ポップ・カルチャー評論家)
完全にこれまでのボンド像から脱却し、なおかつイアン・フレミングのボンド像とも異なる独自のボンド像を確立した。

永野寿彦(シネマ・イラストライター) 
前作『007/カジノ・ロワイヤル』でこれまでなかった猪突猛進型生傷ガシガシのタフなボンド像を見せつけてくれたダニエル・クレイグ主演の新シリーズ。その続きとなる本作は前作ラストから直結するという、これまた今までにない仕掛け。ということで、まずは前作の復習をしておくことが必須。ボンドが抱えている愛する人を失った傷とそこから生まれる復讐心がドラマの要にもなっているので、そういう意味でも見直した方がおもしろさは倍増すること請け合い。しかも興味深いのはまるで前作と合わせての2作で完結している映画のように見えること。『007/カジノ・ロワイヤル』のオープニングでギラギラしまくっていたボンドが、今回のエンディングでどのように変化してどういう選択をするのか。そのシチュエーション的、そして映像的繋がりがボンドという男のドラマをヒシヒシと感じさせるのだ。これが偶然なのか確信犯なのかはわからないが、息切れするくらいに連打連発される凄まじいアクション(見せ方もスゲエ!)で綴られるボンドならではの魅力をぜひぜひ満喫してほしい。
スポンサーサイト
NEXT Entry
誰も守ってくれない
NEW Topics
電子書籍「月刊シネマグランプリ」発刊
プロフィール

れがあるF

Author:れがあるF
 新作映画の公開に先立ち、映画会社は宣伝のため、「試写室」と呼ばれる映写施設で上映会を行なう。
 これは「試写室」に出入りすることを許された、映画を見るプロたちが推薦する最新作をランキング形式で発表する企画。 すなわち、真の必見作がここにある!

★参加メンバー:プロフィール

★管理人:れがある

★更新情報:
cafe シネマグランプリ
(旧)シネマグランプリ雑記帖

★ランキング表一覧:
シネマグランプリ INDEX


★コンタクト:下記メールフォームをご利用ください

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。