HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト2009年1月公開映画  »  感染列島
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
http://kansen-rettou.jp/ 2009/1/17公開

増當竜也(映画文筆)
試写の反応は賛否あるようですが、私はかなりはまって観てしまいました。ハリウッド型のこの手のものとは違い、なかなか状況が進展していかないあたりがもどかしくもリアルで、瀬々敬久監督らしい甘美な悪夢のグルーヴ感の虜となります。しかも、その果てに待ち受けているものが奇跡でも何でもない哀しみのメロドラマであるあたりも、日本映画独自のテイストとして否定するのも簡単でしょうが、私には好ましく思えました。細菌パニックものにつきもののアラなどを、鬼の首でも取ったかのように突くのも野暮というもの。ここは一つ素直に、渦を巻くような日本崩壊の悲劇に身を任せましょう。
ちょっとオネエ風で飄々とした藤竜也扮する博士の姿勢にも、どこか不思議なシンパシーを感じました。特別班への配属を真っ先に希望する看護師役で小松彩夏ちゃんも出演。コマッちゃんはいつもエラくて可愛いんです(もうちょっとアップが多いと、もっと良かったのに・・・)。
スポンサーサイト
NEXT Entry
007/慰めの報酬
NEW Topics
電子書籍「月刊シネマグランプリ」発刊
プロフィール

れがあるF

Author:れがあるF
 新作映画の公開に先立ち、映画会社は宣伝のため、「試写室」と呼ばれる映写施設で上映会を行なう。
 これは「試写室」に出入りすることを許された、映画を見るプロたちが推薦する最新作をランキング形式で発表する企画。 すなわち、真の必見作がここにある!

★参加メンバー:プロフィール

★管理人:れがある

★更新情報:
cafe シネマグランプリ
(旧)シネマグランプリ雑記帖

★ランキング表一覧:
シネマグランプリ INDEX


★コンタクト:下記メールフォームをご利用ください

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。