HOME   »  2009年06月
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
http://www.festival-cannes.fr/en/archives/ficheFilm/id/10893001/year/2009.html 
公開未定

まつかわゆま(シネマアナリスト)
ラース・フォン・トリアー。これはすさまじい作品だった。この人もともと宗教嫌いなんだろうと思っていたが、癒しとか自然とか、愛とか、哀れみとカも嫌いな人なのね。だからそういうことを持ち上げて人間を信じようとうたうアメリカ人がアメリカ文化が嫌い。それがようわかりましてん。
父母が選択中の洗濯機の横でセックスに夢中になっているうちにあかんぼが窓から転落死してしまう。自分を責め抜いておかしくなってしまう妻。夫は彼女と共に森に入り小さな小屋をなおしつつ自分たちも回復しようとするが、森はそんな甘いところではおへんえ、という話。
どんどん変になっていって、むちゃくちゃな暴力をふるう妻はほとんど悪魔憑き。それを彼女の気持ちと行動を理解して演じていると見えるシャルロット・ゲンズブールがえらい。女優賞は納得。しかし、痛い。生理的に痛い。見ているだけで、痛い。勘弁してほしいくらい、痛い。だから、怖い、ホラー映画です。
http://www.festival-cannes.fr/en/archives/ficheFilm/id/10904913/year/2009.html 
公開未定

まつかわゆま(シネマアナリスト)
イサベル・コイシェ監督。菊池凜子が築地市場で働きながら殺しを請け負う女を演じる。スペイン人女性監督の見た東京がつづられていく。音響監督が芸術貢献賞を授与された。
ガイジンのイメージするトウキョウの域を超えられたかというと疑問だが、努力はしている。「日本文化や日本人に対する認識と表現が間違っているというなら、日本を描くのは日本人にしかできないということになってしまわないか。それはおかしいと思う」という菊池凜子の意見に私も同意する。今回は努力してるよ、うん。ただし、コイシェ監督の作品としては物足りないんだけどね。
http://www.festival-cannes.fr/en/archives/ficheFilm/id/10903551/year/2009.html 
公開未定

まつかわゆま(シネマアナリスト)
「私はいつになったらパレスチナの監督と呼ばれなくなるだろう」というエリ・スレイマン監督は自伝的な「ザ・タイム・ザット・リメインズ」で自らの父と母のことを描いた。
チャップリンの顔を縦に伸ばしてインテリにしたみたいな顔をしたスレイマン自身が出演。一言もしゃべらないエリを演じている。イスラエルの中のパレスチナ人としてかつては抵抗運動をしていた父。運動からみをひき、イスラエルになったナザレで暮らし続けた父と母の思いとはどんなものだったのか。少年時代を振り返りつつ、今は年老いてボケつつある母を看取るエリ。亡くなった父を今も思っているらしい母。普遍的な家族の物語なのだが、そこに占領が覆いかぶさっている重苦しさは忘れられないのである。
http://www.festival-cannes.fr/en/archives/ficheFilm/id/10905140/year/2009.html 
公開未定

まつかわゆま(シネマアナリスト)
フランスのグザヴィエ・ジャノリ監督の社会派ドラマ。さびれた町の人の期待にこたえようと、偽の会社で道路を建設する詐欺を働いてしまう男の話。
これが実話なんだそうな。日本ではありえないよね、いや、大丈夫かなぁ。最初は寸借詐欺みたいなものだったのが、気のいい町の人に頼られるうちに一生懸命期待にこたえようとがむしゃらに働いてしまう主人公が、私はいとおしい。人は必要とされたいのである。刑務所から出て仕事を探す主人公は何回も「ここはお前のいる場所じゃない」という言葉をぶつけられるのが伏線になっている。派遣切りに会った人たち、ホームレスになった人たち、などなど、この主人公に共感する人がいっぱいいるだろうなと思う。ちょっとだけ、感謝されて、頼られて、期待されたら、人間らしく扱ってもらえたら、きっと頑張っちゃうと思う。今、を切り取った映画だった。
http://www.festival-cannes.fr/en/archives/ficheFilm/id/10889598/year/2009.html 
公開未定

まつかわゆま(シネマアナリスト)
ペドロ・アルモドバル監督。パルムに挑戦か、と思ったが、すでにスペインでは公開済みなので分が悪いとのこと。前回「ボルベール」のときはずっとカンヌにいてパルム狙いアピールをしていたペドロとペネロペだが、今回はさっさと帰国。ペネロペの風邪、ただの、インフルエンザではない風邪のせいもあったかも。
スポンサーの愛人である女優と監督の秘密の恋。やがて二人の関係を知ったスポンサーは…?! 愛と献身と嫉妬が三つ巴になって悲劇の坂を転がり落ちていく。
映画作りの話で、どうすれば映画一本をめちゃくちゃにして監督を葬り去ることができるかというコワイ話。愛憎劇・復讐劇なのにカラフルでポップな映像というアルモドバルらしさが戻ってきたねとはもっぱらの評判。
http://www.festival-cannes.fr/en/archives/ficheFilm/id/10895872/year/2009.html 
公開未定

まつかわゆま(シネマアナリスト)
ケン・ローチ監督のコメディ。しがない郵便局員エリックの前に憧れのエリック・カントナ(幻かも)が現れて、しょぼくれたエリックの人生を変える指南を授けていく。
今年のカンヌで一番幸せな気分にさせてくれた作品。ローチの得意とする「労働者の連帯」話が小気味いいクライマックスを作っているのが、うれしい。
決め台詞が二つ
「人間だって? おれは人じゃない、エリック・カントナだ」
「お前がどこにいようと探し出して懲らしめてやるぞ。だって俺たちは郵便屋さんなんだからな」
20年近く前まだ保育園に通っていた息子とテレビで子供向けのイギリス製パペットアニメを見たことを思い出す。問題解決何でもお任せの主人公はポストマンだった。
プロフィール

れがあるF

Author:れがあるF
 新作映画の公開に先立ち、映画会社は宣伝のため、「試写室」と呼ばれる映写施設で上映会を行なう。
 これは「試写室」に出入りすることを許された、映画を見るプロたちが推薦する最新作をランキング形式で発表する企画。 すなわち、真の必見作がここにある!

★参加メンバー:プロフィール

★管理人:れがある

★更新情報:
cafe シネマグランプリ
(旧)シネマグランプリ雑記帖

★ランキング表一覧:
シネマグランプリ INDEX


★コンタクト:下記メールフォームをご利用ください

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。